アスリートの睡眠は違いますか?

適切な量と睡眠の質を得ることは誰にとっても重要ですが、アスリートとして特に当てはまる良い夜の休息はありますか?ラフバラ大学の睡眠スペシャリスト、イウリアナ・ハルテスクは、高性能アスリートのための睡眠に関する最新の研究に携わっています。ここでは、スポーツと睡眠がどのように関連しているかに関する重要な質問のいくつかに答えます。(Athlete365より)
睡眠は進化は私たちに強く影響を与えています。睡眠はエネルギーの回復を果たし、目を覚ましていたら消費されるエネルギーを節約する機能があります。また、脳の修復を行い、脳が「オフライン」になり、記憶の定着などの時間を与えます。睡眠は免疫と代謝調節にも重要です。したがって、アスリートにとって、十分な睡眠と睡眠の質の良さは、体内のすべてのシステムの良好な調節のために不可欠です。
アスリートとして、私は他の人よりも多くの睡眠が必要ですか?
睡眠は個人によって異なり、私たちは皆異なる睡眠ニーズを持っていますが、異なる睡眠要件を持つグループとしてアスリートを定義するには十分な研究がありません。これまでのほとんどの研究は、選手が自分の年齢層と同じ要件に準拠する傾向があることを示しています。
なぜ睡眠は私にとってそれほど重要なのですか?
パフォーマンスの面では、睡眠の中断と睡眠喪失は、アスリートが睡眠不足のときに通常と同様にパフォーマンスを発揮することに影響を与えるものではありません。影響を受けているように見えるのは、アスリートの精神的な幸福とモチベーションです。あなたの信念は、睡眠喪失の影響を受ける可能性があります。さらに、意思決定とスキルの実行が影響を受けているようで、より多くのエラーや迅速な意思決定の遅れが生じます。それだけでなく、それ以外の軽微または中立的な出来事に対する感情的な反応が高まる可能性があります。
アスリートとして、私は睡眠の問題に苦しむだろうか?
アスリート集団の睡眠障害の有病率が非常に高く、不眠症の有病率が30~70%に及ぶと推定される研究があります。個人スポーツかチームスポーツのアスリート化によっても違いがあります。睡眠を測定するタイミングによって睡眠の質にも顕著な違いがあります。それはトレーニング、大会期間中や休息の期間中であるかどうかによって違いが出ます。
競技中、特に大会前夜は、旅行中やトレーニング中に具体的な課題があり、睡眠障害の有病率が高くなる可能性があります。だから、あなたのスポーツのキャリアの中で、睡眠の問題がピークに達する重要な期間があるようです。アスリート全体に関する声明を出すのは注意して行わなければならない問題でもあります。
単に睡眠を乱すのではなく、障害として診断された不眠症の面では、私たちが持っている選手の有病率に含まれています。これを適切に調べた研究はほんの一握りであり、率は3〜6%の一般集団に似ています。
なぜ睡眠障害がアスリートに特に関連するのでしょうか?‎
アスリートとして、あなたは眠りに落ちるのが難しいかもしれません。これは、認知覚醒に関連しています。または睡眠前にあなたの心のシャットダウンが不十分だったり、旅行やトレーニングのスケジュールのために睡眠が制限されることもあります。例えば、大会参加のために旅行することは、多くの場合、あなたの体内時計に不適切な時間に眠る必要があります。あなたの睡眠の機会がいつになるかを知ることは、あなたの体内時計を自然な現地時間と一致させることが非常に重要になります。理想的には旅行前に、すべてのスケジュールを想定する必要があります。‎
‎私は昼寝や昼間の睡眠がエリートアスリートによって広く使用されていることを知っています。貧しい夜間の睡眠のための補償として使用されます。これは、この戦略が実際にあなたが混乱した睡眠や睡眠喪失に対処するのに効果的であるかどうかを確認するためには、もう少し調査が必要です。‎